【危険】海外積立投資(オフショア)が詐欺だと言われる理由

投資

海外積立投資を詐欺かと思ってる人「海外積立投資って詐欺なの?」

こんな質問に答えます。

この記事の内容

  • 海外積立投資(オフショア)が詐欺だと言われる理由
  • 海外積立投資(オフショア)【メリットとデメリット】
  • 日本人が契約できる海外積立投資会社は【5社だけ】
  • 海外積立投資(オフショア)が詐欺だと言われる理由【まとめ】
この記事を書いている私は、海外積立投資を2つやっています。
海外積立投資がどんなものか、実際の運用をもとに書きます。

海外積立投資を詐欺だと思ってる人は、参考にしてください。

海外積立投資(オフショア)が詐欺だと言われる理由


「オフショアって詐欺でしょ?」
「積立投資は危険」
「海外の商品なんて怪しすぎ」
こんな声をよく聞きます。
実際に契約してる私からしてみたら「もったいないなぁ」の一言に尽きるのですが、詐欺だと言われる原因があるのは事実です。

海外積立投資が詐欺と言われてる理由

 海外積立投資の紹介をしてる人に詐欺っぽい人が多いからです

海外積立投資会社は、契約者を紹介した紹介者にお礼の報酬を支払います。

この報酬欲しさのために、積立投資に詳しくない人や実際に積立をやったことがない人が、紹介しているケースがあります。

こういった人たちがいなくならない限り、「積立投資は危険」とか「詐欺だ」と言われ続けることでしょう。

積立投資自体は、素晴らしい商品で販売している会社も信用できる会社であることは、実際に調べればすぐにわかります。

「日本に進出している積立投資の会社は、海外で通用しないから、しかたなく日本で販売してるの?」という質問を頂いたことがあります。

金融知識の高い国では、リスクが高くてもリターンが大きい商品が人気があるため、積立投資のようなリターンの少ない地味な商品は、人気はありません。

しかしリスクが嫌いで安全が大好きな日本においては、リターンが少ない積立投資でも、十分にその価値を発揮できます。

海外でリターンが少ないと言われている積立投資でも、日本の積立投資商品と比べればはるかに良い商品であることが分かります。

海外積立投資(オフショア)のメリットとデメリット

メリット

  1. 日本にない金融商品に投資ができる
  2. プロが運用する商品を選べる

日本にない金融商品に投資ができる

魅力を感じる日本の金融消費は、なかなか見つからなかったりします。
ちょっと視野を広げたら、世の中には素敵な商品がたくさんあることに気づきます。

金融商品に限らず、世界には良い商品がたくさんありますよね。

日本だけでなく、視野を広げて世界を見てみましょう。

プロが運用する

プロのファンドマネージャーが運用する商品を選ぶことができます。

金融の知識だけでなく、世界情勢をいち早くキャッチできる能力があれば、自分で運用することもできますが、そう簡単ではありません。

海外のファンドマネージャーは、自分の資産を実際に運用にまわしています。

金融商品を「販売したらそれで終わり」という日本のスタイルとは大きく違うところも信用できるポイントですね。

デメリット

  1. 語学の問題
  2. 情報が少ない

語学の問題

海外の商品である以上、英語が主体になります。
語学に不安がある人は、日本語で対応してくれるところを選べば、問題ありません。

情報が少ない

日本の銀行を守るという目的もあり、政府は海外の保険会社や信託会社の営業活動を禁止しています。
なので、日本にはなかなか情報が入ってくることがないので、商品について知る機会は多くありません。

日本人が契約できる海外積立投資会社は【5社だけ】

日本人の私たちが、日本に住みながら契約できる、海外の会社は現在5社あります。(2020年3月現在)

  • インベスターズトラスト
  • プレミアトラスト
  • メティス
  • コンヒル
  • RL360°ロイヤルロンドン

【海外積立】ができる企業はオフショア地域にある

オフショア地域とは

  • 税金がかなり低いまたは0円の地域
  • 配当金や利子などに所得税の源泉徴収が行われる地域

オフショア年金とは

毎月一定額を積立して、金融のプロに資金の運用をしてもらうこと。(平均年利7~14%)
もともとは、年金制度では暮らせない国(イギリスや香港)や公的年金制度が無い地域での年金の代わりでした。
2000年代頃から日本でも知られ始めているものの、営業活動が禁止されているため、一部(金融関係者)の人のみに情報が渡ってる状態。

年金政府度では暮らせない国=日本も近い将来そうなりそうですね。

2020年5月現在、海外積立投資(オフショア)を契約できる5社



インベスターズトラスト(日本語サイト)
ケイマン諸島(イギリス領)にある保険会社【設立2002年】

プレミアトラスト(日本語サイト)
ヴァージン諸島(イギリス領)にある信託会社【設立2007年】

メティス(日本語サイト)
香港にある信託会社【設立2013年】

コンヒル (英語サイト)
ルクセンブルクにある信託会社【設立1997年(2012年に社名変更)】

RL360°ロイヤルロンドン

(英語サイト)
マン島(イギリス領)にある保険会社【設立1861年(ロイヤルロンドン)2013年にRL360°として独立】

積立投資(オフショア)会社を選ぶ時の基準

  • 日本の銀行口座から引落可能できるか
  • 日本語でも通じるか
  • 日本語の契約書があるか
  • 日本で運用報告会などがあるか

この辺りで判断すると良いかもしれません。

各会社の情報を調べつつ、積立投資の勉強をしていくことをおすすめします。

海外積立投資(オフショア)ご相談のページのページでお金の勉強におすすめな本を紹介しているので、参考にしてみてください。

海外積立投資(オフショア)が詐欺だと言われる理由【まとめ】

最初に質問に戻ります。

海外積立投資を詐欺かと思ってる人「海外積立投資って詐欺なの?」

商品自体は詐欺ではないけど、紹介者に詐欺みたいな人がいます。

  • 紹介者は慎重に選ぶ
  • 自分で勉強する

自分で勉強することで、詐欺か詐欺ではないかが分かるようになります。

私の経験談であれば、ご紹介できるので、海外積立のことで聞きたいことがあればお応えします。
Twitter@takako1910
海外積立投資を知ることができたのは、良かったと思っていて、これからも長期で投資していきます。

経済的なゆとりは、心のゆとりに繋がります。

日本がもっとゆとりのある国になるといいなと思っています。

関連記事:

海外積立投資(オフショア)危険説【知らないは罪です】

20代からのお金の使い方【自己投資する人・しない人の差は3年後に明確】